●はじめに
●湿布の歴史
●日本の湿布事情
●肩こりを感じない人がいるらしい!
●パップ剤とプラスター剤の違い
●湿布の中のいろいろな成分
●湿布と飲み薬、効果の違い
湿布の歴史
まず、湿布の歴史からご紹介しよう。
その発祥は紀元前のギリシアと言われておる。意外にも、湿布は西洋の医療で使われていたんじゃな。
あのイエス・キリストよりも早く生まれていたということは、もしかしたらキリストも湿布を使っていたかもしれんなぁ。
[湿布の種類]
湿布には、厚いタイプの「パップ剤」と薄いタイプの「プラスター剤」という2つの種類があるんじゃ。
パップ剤は、ギリシアのヒポクラテスとその一派が作りだしたと言われておる。患部を冷やしたり温めたりする治療 (罨法"あんぽう"ともいう) 製剤として使われていたんじゃと。
ヒポクラテス (紀元前460年〜?)
古代ギリシア医学の父。呪術的な因縁に基づいていた当時の医学と決別し、体系的な観察と病気の原因の追及により現代の医学思想のおおもとを築いた。
今のような成形パップは 日本では1970年代に出てきたんじゃが、これは1900年代の初めにアメリカが作りだした泥状パップを輸入して、それをもとに開発したものなんじゃ。
ところで、この泥状パップ。グリセリンにサリチル酸メチルや薄荷油などを配合した薬剤を使うたびに布の上に塗って延ばして、貼ったあとに包帯をして・・・と、ひじょうにめんどくさいモノでな。
その点、今、普及している成形パップは貼るだけでいいように作ってあるので、とても便利じゃの。
TOPWhat's 帝國製薬製品情報会社情報採用情報医療関係者のみなさまニュースリリースサイトマップ
Copyright (C) 2008 Teikoku Seiyaku co.,ltd. All Rights Reserved.