●はじめに
●湿布の歴史
●日本の湿布事情
●肩こりを感じない人がいるらしい!
●パップ剤とプラスター剤の違い
●湿布の中のいろいろな成分
●湿布と飲み薬、効果の違い
湿布と飲み薬、効果の違い
■飲むのと貼るのとでは大違い
「痛ければ、湿布を貼るより痛み止めを飲めばいいんじゃないか?」 と思ったことのある方も多いはずじゃ。ところが、飲み薬は血液に直接混ざって全身をめぐるため、 薬剤の血中濃度がとても高くなり、副作用の危険が高いんじゃよ。
その点、湿布を貼ったときの薬剤の血中濃度は飲み薬の10分の1で済み、しかも患部である筋肉に到達する薬剤濃度は、飲み薬のなんと30倍(動物実験による)にもなるんじゃ! 局所の痛みへの効果が高く、副作用も少ない。それが湿布なんじゃよ。
湿布はすごい薬じゃろう? じゃが、いくらすごいからと言って貼りすぎはよくないぞ! 用法・用量はキチンと守るのが安全の秘訣じゃ。
TOPWhat's 帝國製薬製品情報会社情報採用情報医療関係者のみなさまニュースリリースサイトマップ
Copyright (C) 2008 Teikoku Seiyaku co.,ltd. All Rights Reserved.