持続性癌疼痛治療剤『オキシコドン徐放カプセル「テルモ」』・『フェンタニル3日用テープ「テルモ」』発売のお知らせ
    (2014年1月14日)
帝國製薬株式会社(本社:香川県東かがわ市、社長:藤岡実佐子、以下「帝國製薬」)は、本日(1月14日)テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:新宅祐太郎、以下 「テルモ」)を通じ、持続性癌疼痛治療剤『オキシコドン徐放カプセル「テルモ」』(4規格)、経皮吸収型持続性癌疼痛治療剤『フェンタニル3日用テープ「テルモ」』(5規格)を発売致しましたのでお知らせ致します。
オキシコドン徐放カプセル「テルモ」は、医療用麻薬である「オキシコドン塩酸塩水和物」を有効成分とする徐放性硬カプセル剤で、フランスのエチファーム社との技術提携により帝國製薬が開発致しました。また、フェンタニル3日用テープ「テルモ」は、医療用麻薬である「フェンタニル」を有効成分とする3日用のテープ剤となります。
両剤共、2013年8月に帝國製薬が製造販売承認を取得し、同年12月13日に薬価収載された後発医薬品であります。
<新発売製品2成分9規格>
space
製品名 有功成分名 薬効
オキシコドン徐放カプセル5mg、10mg、20mg、40mg「テルモ」 オキシコドン塩酸塩水和物 持続性癌疼痛治療剤
フェンタニル3日用テープ2.1mg、4.2mg、8.4mg、12.6mg、16.8mg「テルモ」 フェンタニル 経皮吸収型持続性癌疼痛治療剤
テルモと帝國製薬は、2009年より、医療用麻薬製剤の開発・製造・販売についての包括的な業務提携を行っており、今回の2品目は、2013年3月に発売したメサペイン錠(メサドン塩酸塩)に続いての製品発売となります。今後とも両社で協力し、がん性疼痛治療等に対する多様な薬剤の選択肢を提供することで、患者様のクオリティ・オブ・ライフの向上に努めて参ります。
このリリースに関するお問い合わせ先
帝國製薬株式会社 総務部 TEL:0879-25-2221
INDEXに戻る
TOPWhat's 帝國製薬製品情報会社情報採用情報医療関係者のみなさまニュースリリースサイトマップ
Copyright (C) 2008 Teikoku Seiyaku co.,ltd. All Rights Reserved.