東北地方太平洋沖地震に対する義援金について
    (2011年3月30日)
帝國製薬株式会社(本社:香川県東かがわ市、社長:藤岡実佐子)は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震につきまして、東日本の広範囲で被災者が出ていることを受け、日本赤十字社香川県支部を通じ、義援金として2千万円を寄贈することと致しましたので、お知らせいたします。
スペース
また、当社米国法人のTeikoku Pharma USA, Inc.(本社:カリフォルニア州サンノゼ市、社長:北川昌久)におきましては、北カリフォルニア日本商工会議所より米国赤十字社を通じ、義援金として、20万ドルを寄贈することとしています。
スペース
その他、当社グループにおける、米国・スイス・中国・台湾・ドイツ等の海外取引先から義援金申出を受け、すでに代理受領している20万スイスフラン、1万5千米ドルを日本赤十字社香川県支部に寄贈するとともに、今後の申出についても同様の措置、または、日本赤十字社への直接寄贈を呼び掛けてまいります。
スペース
当社では、義援金以外でも医薬品(一般用医薬品)の提供など、当社として可能な限りの追加支援を引き続き行ってまいります。
スペース
当社は、被災地域または、避難されている皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日でも早い復興をお祈り申し上げます。
スペース
このリリースに関するお問い合わせは、
帝國製薬株式会社 総務部 【TEL:0879-25-2221】
INDEXに戻る
TOPWhat's 帝國製薬製品情報会社情報採用情報医療関係者のみなさまニュースリリースサイトマップ
Copyright (C) 2008 Teikoku Seiyaku co.,ltd. All Rights Reserved.