ドネペジル貼付剤に関する契約をエーザイと締結
    (2009年2月26日)
帝國製薬株式会社(本社:香川県、社長:村山昇作、以下「帝國製薬」)は日本を対象としたドネペジル貼付剤に関するオプション契約を、またその米国現地法人Teikoku Pharma USA, Inc. (本社:カリフォルニア州、President & CEO:北川昌久、以下「Teikoku USA」)は日本を除く全世界を対象とした同剤に関するライセンス契約を、エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫、以下「エーザイ」)とそれぞれ以下のとおり締結しましたのでお知らせいたします
米国:Teikoku USAが開発、エーザイが独占販売
日本:研究開発・販売にかかる独占的ライセンス契約の選択権
その他地域:エーザイが独占開発・販売権
さらに帝國製薬ならびにTeikoku USAは、本剤の次世代製品について、世界全域における開発および商業化にかかる独占的ライセンス契約締結の採否を選択できるオプション権をエーザイに供与します。
契約により、現在エーザイにより販売されておりますアルツハイマー型認知症治療剤塩酸ドネペジル(日本での製品名:「アリセプト®」)に、ドネペジル貼付剤という新たな選択肢を提供することになります。帝國製薬は、現在、パップ剤やテープ剤などの消炎鎮痛剤を主力製品としていますが、「痛みの緩和」と「経皮吸収技術の応用」の2つを研究開発の柱としております。今後も経皮吸収技術を応用した製品ラインの強化を図り、患者さまのQOL向上を目指してまいります。
このリリースに関するお問い合わせは、
帝國製薬株式会社 総務部 松村 充浩 【TEL:0879-25-2221】
INDEXに戻る
TOPWhat's 帝國製薬製品情報会社情報採用情報医療関係者のみなさまニュースリリースサイトマップ
Copyright (C) 2008 Teikoku Seiyaku co.,ltd. All Rights Reserved.