尋常性乾癬治療薬「ドボネックス軟膏」発売開始
    (2000年6月9日)
「尋常性乾癬」という病気をご存じでしょうか。「じんじょうせいかんせん」と読みます。「尋常性」とは「普通の」という意味で、「乾癬」は「難治性の炎症性角化症(皮膚疾患)のひとつ」です。遺伝的素因と環境因子によって発症すると考えられており、わが国でも近年増加傾向にあります。その尋常性乾癬に治療効果を持つ「ドボネックス軟膏」が、日本で上市の運びとなりました。
ドボネックス軟膏は、1990年、デンマークのレオ社で生まれました。 現在、レオ社アイルランド工場で製造され、世界80余カ国で販売されています。 そして、2000年1月18日、帝國製薬株式会社が日本への輸入承認を取得しました。 2000年6月13日に販売開始。 販売は、テイコクメディックス株式会社と藤沢薬品工業株式会社が併売することとなっています。
ドボネックス軟膏は、当社が新有効成分含有医薬品(医療用)としては初めて承認取得したものです。
〈 参 考 〉「ドボネックス軟膏」の概要
製品名 ドボネックス軟膏.
一般名   カルシポトリオール軟膏
効用または効果   尋常性乾癬
用法および容量   通常1日2回適量を患部に塗布する
包装   10g、30g
薬価基準価格   160.70円 / g
薬価収載日   平成12年4月14日
輸入元   帝國製薬株式会社
INDEXに戻る
TOPWhat's 帝國製薬製品情報会社情報採用情報医療関係者のみなさまニュースリリースサイトマップ
Copyright (C) 2008 Teikoku Seiyaku co.,ltd. All Rights Reserved.